読書 

3番の石坂です

先日読んだ本の中に


原因があって目的を使うのが普通ですが

目的のために原因が使われる人もいるという話がありました



例えば・・・

子供が宿題や勉強をやりたくなかったとします。


そんな時に母親に


        「宿題やったの?」

         「勉強しなさい!」


と言われ、

        「今やろうと思ってたのに!」

        「もうやる気なくなった!」


 なんてふてくされるのはよくある話ですよね。

 これも「母親の言葉」という原因があって

 宿題をやらなくなったと捉えがちですが、

 子供は「宿題をやらない」という

 目的のための原因を探していたんです。

 そこにちょうど「母親の言葉」

 という原因があったので、

 都合よく「宿題をやらない」

 という目的を達成できたということです




 母親が何も言わなかったとしても、

 「テレビを見たいから」

 「遊びたいから」

 「疲れてるから」
          
など、

 適当な原因を見つけて、結局は


 「宿題をやらない」


という目的に進むという事です。


  「疲れてるから」


  「遊びたいから」


  「忙しいから」
 


など、




原因を見つけて作業をやらないという行動のことみたいです。

目的は決まっているのですから、

原因や理由を見つけるのは簡単です




そして周囲には


  「お母さんが言ったから、やらなかったんだよね」


と意味不明な共感を得ようとする努力をし



一度共感を得られると


「言ったお母さんが悪い!」


という、自分の事を棚に上げる発言を


繰り返す事になるでしょう。





そして、それで自分のことを棚に上げる成功体験をしてしまうと

それが自分にとって楽な方法であるので

ずーっとそのような方法をとってしまうでしょう。


  「お父さんが○○だから出来なかった」



  「○○先生の教え方が悪かったから成績が悪かった」



  「ストレスがたまってしまったからやけ食いをしてしまった」



  「熱かったり寒かったり雨が降っているから出来なかった」



しかしながら実際そうなったとしても、


目的


 「あなたの目的は本当にそこにあるんですか?」

との事です。

作業をやらない目的を達成したところで、


結局何も積み上がるものはありません。

強いて言えば


「他人のせい」
にしたり、


「言い訳のスキル」
が上がるかもしれません



ただ、

 「それは本当に自分の目的か」


本当に達成したい目的は別にあるなら、

原因があっても達成できるように目的を見直したり、



目的のために別の原因を

自分で修正していく事が重要であり

目的が無いなら、目的がある人の足を引っ張る事は

最終的にも自分の為にもならないとのことでした。


自身も気をつけないとと感じました。
スポンサーサイト

アンガーマネジメント 

8番の竹本です。
今日こんな本を買いました。

アンガーマネジメントという言葉を初めて聞く方もいるかと思います。
アンガーマネジメントとは
アンガー(イライラ、怒りの感情)
マネジメント(上手に付き合う)
つまり怒りを管理することです。
怒りをコントロールすることによって良好な対人関係を作ることもできるそうです♪
この本は「怒ってはいけないものだ」と思っている人
言いたいことを言えずに終わってしまうことが多い人
つい感情的になって後悔してしまうことがある人
怒りっぽい人にビクビクしてしまう人
面倒な相手にもうまく対処できるようになりたい人
本音で気持ちのいいコミュニケーションをとりたい人
などにオススメということです(^-^)
私はどちらかというと思っていることを相手に伝えたりすることが苦手なので、読んでみようと思いました!
先週約2ヶ月通ったパソコン教室が終了したので次は読書をして内面をレベルアップしていこうと思います(^^♪

読書 

6番の今関です!



今、私はこの本を読んでいます

何故か常に余裕がなかったり、バタバタしたり…
その解決をこの本から、少しでも学べたらいいなぁと思います

伝達力 

こんにちは!7番岩崎です!
今私は 
伝達力 話すプロの「伝わる技術」
という本を読んでいます。
誰かに何かを伝えるためにこの伝達力がないとうまく伝わらなくてもどかしい気持ちになったことがあり、この本にしました。
まだ読み始めたばかりですがこの本を読んで伝達力をあげていきたいと思います!

問題の分離 

3番の石坂です

松井秀喜さんの著書「信念を貫く」には、こんなくだりがあります。

①自分がコントロールできることとできないことを分けて考えなければならない。

②コントロールできることについては、結果につなげるべく努力をする。

③コントロールできないことには関心を持たず囚われない。


思うように打てないとき、マスコミは決まって騒ぎ立てます。

そんなとき、松井さんは周囲の雑音という「コントロールできないことには囚われず、練習をして次の打席で打つための努力をするという「コントロールできること」に集中していたそうです。


フロイト、ユングと並ぶ3大心理学者である
アドラーも

「自分の課題と他者の課題を切り分けて考える」事が重要であると説いてます。

images (1)


例)
1、本書では、例えば「勉強をしない子どもとその親」を例にしてこう説いています。

 「勉強しない」ことで授業についていけなくなったり、希望の学校に入れなくなるのは「子ども」自身

 つまり、勉強するかどうかは「子どもの課題」であり、親は介入してはいけない

 その代わり親は、見守り、それが自分の課題だと伝え、必要なときには支援できるようにしておく。
 

2、同じように、対人関係全般についてもこんなことが書かれています。

 自分の人生をどう生きるか、どう行動を起こすかは「自分の課題」である

 それを他の人がどう思うか、どう評価するかは「他者の課題」である

 他者からへの承認欲求を捨てることで人は楽になれるそうです。


一生懸命研究してきて、現在も残っている考え方であり
客観的に賢人がそう言っているのだから、そうであるのかな?

と、自分自身が個人的に思いました。