口角トレーニング 

1番の菅谷です。
芸能人、モデルさんの笑顔は素敵ですよね!もちろん歯の並びや白さも重要ですが口角が上がっているということもポイントです。
私も昨日、口角を上げるグッズを買ってみました(*^^*)マウスピース矯正と同時進行でトレーニングしていきたいと思います。
そらクリニックでもスマイルメーカーを販売しております。気になる方はぜひお声かけください!
スポンサーサイト

歯ブラシ 

6番の今関です!

毎日使う、歯ブラシ。使用後、どのように保管してますか?

実は毎日使う歯ブラシには、細菌が沢山います!

使用後は、流水でよく流し、水分をよく拭き取り、風通しがよく、湿気がないところで保管してくださいね!

また、毛先が開いていなくても、1ヶ月に1回は交換しましょう!

歯磨き粉選び 

6番の今関です!

歯磨き時に、「歯磨き粉を使う」とい方がほとんどだと思います。

様々な種類が販売されている中で、どれにしたらいいか、分からない!という方もいらっしゃると思います。

そもそも、歯は歯垢中の細菌が日々の食事を餌にして酸を出し歯の表面のエナメル質が破壊されています!

フッ素は歯垢による酸の産出を抑制し修復(再石灰化)を促進するだけでなく、歯の表面をより酸に強い構造に変えてくれます。

フッ素の入った歯磨き粉を使うとフッ素の入っていない歯磨き粉を使用するよりも26%虫歯の発生を抑制できたという報告もあります。

ですから、フッ素入りの歯磨き粉を使うのがおすすめです!
当医院でも、フッ素入りの歯磨き粉を販売しております!



お求め、またはご質問がありましたら、スタッフにお声かけ下さい!

キシリトール 

6番の今関です!

先日、キシリトールについて、患者様にお話させて頂きました!

なぜ、キシリトールが、歯にいいのか。



シリトールの効果は?
 キシリトールはむし歯予防に効果的といわれますが、その理由は大きく2つに分かれます。
 
ひとつはむし歯の原因となるミュータンス菌に直接アタックする効果、もう一つは唾液分泌を増やすことによる効果です。
ミュータンス菌にアタック!
 むし歯とは、ミュータンス菌に代表されるむし歯の原因菌が酸を産生し、歯が溶け出す現象です。

ミュータンス菌は糖分などの栄養を分解して酸を作り出しますが、キシリトールでは酸が作られません。

 しかも、ミュータンス菌の体内に取り込まれると、菌自体が持っているエネルギーを放出させてしまうので、力が弱って次第に菌の数が減っていくことになります。

 キシリトールを長期間(1日3回で3ヶ月)継続して摂ると、プラーク(歯垢)を住みかとするむし歯菌は数が減って元気がなくなり、同時にプラークが歯面からはがれやすくなることも知られています。
 
この効果は他の糖アルコールには見られない、キシリトール特有の作用です。

選ぶ基準は?

★キシリトール50%以上の表示があること!あるいは栄養成分表示で糖質とキシリトールの割合を確認しましょう。

スマイルメーカー 

6番の今関です!

以前、お話した、スマイル矯正器の説明スライドが完成しました



より素敵な笑顔になりた方がいらっしゃりましたら、スタッフへ、お声かけ下さい